事業内容

架空・地中グループ

架空とは架空配電設備(電柱間に張られているケーブル等)、地中は地中配電設備(地中に埋設されているケーブル等)のことで、お客様から預かった設備管理図面のデータをAUTO CADを使い作成や補正を行っています。 図面を作成するにあたり決まり事、分かりにくい表現等が含まれている場合があり、お客様に確認することとグループ内での情報共有が必要となります。

マッピンググループ

お客様(お取引先)に常駐し、お客様独自のシステムを使い配電設備の図面データなどを設計書を見ながら補正していく業務です。お客様先に常駐してのお仕事になるので、お客様とのコミュニケーションが大切であり、お客様の要望を汲み取ることが業務では必要となります。

出願・共架(通信)グループ

  • 出願:配電関係の工事の予定場所が公道や河川・官地(市役所などの管理する土地)に関わる場合、工事前に設計書を基にして関係の役所(市町村・国道事務所・県道事務所など)に道路等の使用許可をもらうために提出する申請書類・図面を作成します。役所ごとに細かいルールがあるためそこをキッチリ覚えていかないといけない業務です。
  • 通信:主にKDDIの工事に伴い工事前に設計書を基にして関係の役所(市町村・国道事務所・県道事務所など)に道路等の使用許可をもらうために提出する申請書類・図面を作成します。
  • 共架:NTTなどの通信会社の工事が申請通りに電柱にされているか現場を回って確認する業務です。現場では写真撮影・書類の記入をしてきて会社に戻って整理をして報告書作成します。

検査登録グループ

お客様(お取引先)に常駐し、お客様独自のシステムを使い工事会社が新築住宅に伴う電気供給工事や電柱の建替工事を行ったあとの設計図面を見て材料や手間代が正しく申請させているか正しくシステムに入力されているかを確認・登録。また、お客様の資産管理台帳に工事に伴って変更(増減)になった資産の確認・登録をする業務です。

© 2016 SOWA Ltd.